西武秩父線、全線で運転を再開

鉄道 企業動向

大雪の影響で一部区間の運転見合わせが続いていた西武秩父線は、21日午後から全線で運転を再開した。西武池袋駅に掲出された全線運転再開の告知。
  • 大雪の影響で一部区間の運転見合わせが続いていた西武秩父線は、21日午後から全線で運転を再開した。西武池袋駅に掲出された全線運転再開の告知。
  • 大雪の影響で一部区間の運転見合わせが続いていた西武秩父線は、21日午後から全線で運転を再開した。特急レッドアローも西武秩父までの運転を再開した
  • 雪で埋まった西武秩父線の線路。一部の区間では積雪が4mを超えた。
大雪の影響により芦ケ久保~横瀬(ともに埼玉県横瀬町)間で運転を見合わせていた西武秩父線は、2月21日の午後から全線で運転を再開した。

西武秩父線は14日夜から横瀬~西武秩父間、翌日からは全線で運転を見合わせ。記録的な大雪で「一部区間は4m超」(西武鉄道)という積雪となり、14日から18日にかけてのべ2000人体制で除雪作業を行い、18日夜から飯能~芦ケ久保間、横瀬~西武秩父間で折り返し運転を行っていた。

21日は飯能発15時14分、西武秩父発15時38分の電車から全線で運転を再開。特急レッドアローも、下りが池袋17時25分発の『ちちぶ27号』、上りが西武秩父19時25分発の『ちちぶ48号』から運転を再開した。

22日以降は、池袋6時50分発の下り特急『ちちぶ3号』と、西武秩父7時50分(平日は45分)発の上り特急『ちちぶ14号』が飯能~西武秩父間で運休となるほかは通常の本数で運転するが、通常より時間がかかる見込みという。秩父鉄道との直通運転は中止する。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集