【プジョー 208 プレミアム 試乗】水を得た魚のような軽快な走り…島崎七生人

試乗記 輸入車

水を得た魚のよう……咄嗟に頭に浮かんだのはそんなフレーズだった。新パワートレーンが搭載されたプジョー『208』は、期待以上の軽快感を見せて走るのだった。

カタログ数値を当たると、これまでの1.6リットル+4速AT搭載の従来型とは車重が70kgも軽い。体格のいい成人男子を1人乗せているか、いないかの違い。208クラスでその差は如実で、加減速、コーナーワーク等、どの場面でもストレスなくクルマがスッと動く。3気筒のネガが気にならない新しい1.2リットルエンジンはレスポンスもよく、ETG5も、シングルクラッチながらスッスッとシフトチェンジが巧み。2ペダル車によくある、シャツの上から背中を掻いているようなもどかしさがない。

アイドリングストップも効き、JC08モードで19.4km/リットルというから、良好な実燃費も期待大だ。パドルシフトは任意のシフト操作を可能にしている。ヒルスタートアシスタンス付きという点もありがたい。

クルーズコントロール&スピードリミッター、バックソナーなど、装備面も充実する。“プレミアム”のグレード名は名ばかりではなく、日常で快適な乗り味、走り味を楽しめそうな1台だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集