【VWゴルフ ヴァリアントTSIハイライン 試乗】“4”を上書きするプレーンな魅力…島崎七生人

試乗記 輸入車

ごく最近まで個人的には『ゴルフ』が“4”の時代のワゴンが、歴代モデル中もっともプレーンでカッコいいと思っていた。が、そんな思いを“上書き”してくれそうなのが、今回の新型『ゴルフ ヴァリアント』だ。

全長で310mm伸ばされたリヤセクションは、後方まで繋がったキャラクターライン、バックドア側が水平基調の輪郭の専用テールランプ、ナンバー取り付け位置などがハッチバックと異なる。だが“く”の字のDピラーでゴルフ一族であることを表現するなど巧みなデザイン。後方になだらかに下降していくルーフライン等、現代的な要素も盛り込みつつ、ハッチバックより幾分か落ち着いた雰囲気をさり気なく表現している。

後席ドアの開口部がハッチバックよりさらに大きく乗降性がいい。ラゲッジスペースは、後席を倒した場合やや角度がつくものの、通常の状態でも、これぞワゴン!の、言い訳が必要ない広さ。未使用時のラゲッジネット、トノカバーは床下の専用位置に格納可能だ。

1.4リットルTSIエンジン+7速DSGの走りは、ヴァリアントでもまったく不満はない。ハンドリングはハッチバックより後ろ足の比重をおいた印象で、オプションのDCC(アダプティブシャシーコントロール)を切り替えてみると、意外にも「スポーツ」モードでの無駄のない動きがクルマにマッチして思えた。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集