【シカゴモーターショー14】日産 ノート 新型、米国でスポーティグレード…「SR」設定

自動車 ニューモデル 新型車

日産 ヴァーサ ノート SR(シカゴモーターショー14)
  • 日産 ヴァーサ ノート SR(シカゴモーターショー14)
  • 日産 ヴァーサ ノート SR(シカゴモーターショー14)
  • 日産 ヴァーサ ノート SR(シカゴモーターショー14)
  • 日産 ヴァーサ ノート SR(シカゴモーターショー14)
  • 日産 ヴァーサ ノート SR(シカゴモーターショー14)
  • 日産 ヴァーサ ノート SR
  • 日産 ヴァーサ ノート SR
  • 日産 ヴァーサ ノート SR
日産自動車の米国法人、北米日産は2月6日(日本時間2月7日未明)、米国で開幕したシカゴモーターショー14において、『ヴァーサ ノート SR』を初公開した。

『ヴァーサ ノート』は2013年1月、デトロイトモーターショー13で発表。新型ノートの北米仕様が、ヴァーサ ノートを名乗る。これは米国では、小型セダン&ハッチバックの『ヴァーサ』シリーズの一員に位置づける販売上の戦略。

エンジンは日本とは異なる。日本仕様のノートは、エンジンが1.2リットル直列3気筒ガソリンで、自然吸気とスーパーチャージャーの2種類。スーパーチャージャーの場合、最大出力は98ps/5600rpm、最大トルクは14.5kgm/4400rpmだ。

一方、北米向けのヴァーサ ノートは、自然吸気の1.6リットル直列4気筒ガソリンエンジンのみ。最大出力は109ps、最大トルクは14.8kgmを引き出す。日本仕様のスーパーチャージャーよりも、11ps、0.3kgmほどパワフルとなる。

またトランスミッションは、日本仕様がエクストロニックCVTのみ。しかし、北米仕様ではエクストロニックCVTを基本に、エントリーグレードには5速MTを組み合わせた。

シカゴモーターショー14で初公開されたヴァーサ ノートSRは、新型ノートの現地向けスポーティグレード。メッシュ仕上げのグリルやダークヘッドライトが識別点。専用のサイドスポイラー&リアスポイラー、16インチアルミホイール、195/55R16タイヤ、ウインカー内蔵ドアミラーなども装備した。また、『フェアレディZ』をモチーフにした専用の革巻きステアリングホイールなど、インテリアにもスポーティな演出が施されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集