【ジュネーブモーターショー14】三菱自動車、次世代SUVコンセプト 3台を欧州初公開

自動車 ビジネス 企業動向

三菱自動車は、3月4日から16日まで、スイス開催される「第84回ジュネーブ国際自動車ショー」の出展概要を発表した。

同社は、「@アース テクノロジー」をテーマに、クルマづくりの方向性を示す3台のコンセプトカー、三菱コンセプト『GC-PHEV』『XR-PHEV』『AR』を参考出品、欧州で初公開する。

『三菱コンセプト GC-PHEV』は、3リッターV6スーパーチャージドMIVECエンジン、8速AT、高出力モーター、大容量バッテリーなどで構成するFRタイプのPHEVシステムを搭載。優れた環境性能と高い走破性を両立するフルタイム4WDの次世代ラージSUVだ。

『三菱コンセプト XR-PHEV』は、1.1リッター直噴ターボエンジンなど、軽量・高効率なFFタイプのPHEVシステムを搭載。環境性能を高めた次世代コンパクトSUVとして、軽快なフットワークを実現している。

一方、『三菱コンセプト AR』は、1.1リッター直噴ターボエンジンに軽量なマイルドハイブリッドシステムを組み合わせた次世代コンパクトMPV。SUVの機動性とMPVの居住性を融合させている。

3台のコンセプトカーには、次世代の情報システムを活用したコネクティッドカー技術と予防安全技術「e-Assist」を組み合わせ、「危険を察知して安全機能を的確に作動させる」安全機能や「故障や異常を早期に発見して修理やメンテナンスを促す」安心機能を採用している。

このほか、三菱自動車の欧州事業40周年を記念して1974年サファリラリー優勝の初代ランサー参戦車両、オランダを中心に欧州市場で販売が好調な『アウトランダーPHEV』などの市販車、合計18台を出品する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集