ホンダ、インドで二輪車新工場を建設…年産120万台

モーターサイクル 企業動向

ホンダモーターサイクルアンドスクーターインディア
  • ホンダモーターサイクルアンドスクーターインディア
ホンダのインドにおける二輪車生産・販売現地法人であるホンダモーターサイクルアンドスクーターインディア(HMSI)は2月5日、インドにおける第4工場の建設を決定した。

第4工場は、グジャラート州アームダバード地区に建設し、2015年度下期の生産開始を予定している。新工場はコンパクトかつ環境に配慮した2本の組み立てラインを持ち、年間生産能力は120万台規模となる。新工場では主にスクーターを生産し、およそ3000人の新たな雇用を生み出す見込み。また、取得した用地は約80万平米で、初期投資額は約110億ルピー(約189億円)だ。

インドにおける二輪車市場が2012年から2013年にかけて成長がほぼ横ばいとなるなか、ホンダの販売台数は27%の成長を遂げ、市場シェアにして22%を獲得した。

HMSIは、今年1月に第3工場について年間60万台の能力拡大を行ったが、第4工場の新設により、2016年には、現在の460万台と合わせて年間生産能力が580万台となり、今後長期にわたって拡大が見込まれる市場への対応に備える。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集