マグナシュタイヤー、BMWグループと新たな受託生産契約を締結へ

自動車 ビジネス 企業動向

MINI カントリーマン(MINIクロスオーバー)
  • MINI カントリーマン(MINIクロスオーバー)
  • MINI ペースマン
オーストリアのマグナシュタイヤーの親会社で、大手自動車部品メーカー、マグナインターナショナル社は1月30日、マグナシュタイヤーがBMWグループとの間で、受託生産の協力関係を継続することで合意したと発表した。

マグナシュタイヤー(旧シュタイアプフ)社は、もともと4WD車の開発や生産に関して豊富なノウハウを持っており、オーストリアのグラーツ工場では、メルセデスベンツ『Gクラス』やBMW『X3』、クライスラーグループのジープ『グランドチェロキー』などの受託生産を行ってきた。現在はカナダの大手自動車部品メーカー、マグナインターナショナル社の傘下にある。

BMWグループとの関係では、2003年にX3の受託生産をスタート。2010年からは、MINI『カントリーマン』(日本名:MINI『クロスオーバー』)を、その後、MINI『ペースマン』の受託生産を開始した。2010年以来、MINIの累計生産台数は25万台に到達している。

今回、マグナシュタイヤーは、BMWグループとの受託生産の協力関係を継続すると発表。現行のMINIクロスオーバーとMINIペースマンの生産が終了した後、BMWグループとの間で、新たな車種の受託生産契約を締結する。

なお、新たな生産車種については、追って発表される予定。マグナシュタイヤーとマグナインターナショナルヨーロッパのギュンター・アプファルター社長は、「BMWグループとの新たな契約は、マグナシュタイヤーが世界クラスの生産技術と柔軟性を備えていることに対して、顧客の信頼を示すもの」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集