【F1】ケータハム F1 チーム、「CT05」発表…可夢偉の乗る新マシン

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ケータハムF1チームのCT05
  • ケータハムF1チームのCT05
  • ケータハムF1チームのCT05
  • ケータハムF1チームのCT05
  • ケータハムF1チームのCT05
  • 小林可夢偉選手(左)
2014年のF1シーズンに、ケータハムF1チームから復帰を果たす小林可夢偉選手。同選手の乗るF1マシンが、いよいよ姿を現した。

これは1月28日、スペインのへレスサーキットでの出来事。2014年のF1の初の合同テストにおいて、ケータハムF1チームが『CT05』を発表している。

全身をグリーンで塗装されたCT05の特徴は、やはりフロントノーズだろう。先端部に向かって、段差がつけられおり、二段構造となっているのが見て取れる。

2014年シーズンのF1は、エンジンを自然吸気の2.4リットルV型8気筒から、1.6リットルV型6気筒に変更。ケータハムF1チームのCT05には、ルノーから供給されたエンジンを積む。

ドライバーは、小林可夢偉選手とマーカス・エリクソン選手。また、リザーブドライバーには、ロビン・フラインス選手を起用する。2013年シーズンは、最下位に終わったケータハムF1チーム。CT05で挑む2014年シーズンは、上位進出が目標だ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集