【マツダ アクセラ 新型発売】乗り続けていくうちにクルマとの一体感が高まる

自動車 ニューモデル 新型車
マツダ・アクセラスポーツ
  • マツダ・アクセラスポーツ
  • マツダ・アクセラスポーツ
  • マツダ・アクセラスポーツ
  • マツダ・アクセラスポーツ
  • マツダ・アクセラスポーツ
  • マツダ・アクセラスポーツ
  • マツダ・アクセラスポーツ
  • マツダ・アクセラスポーツ
マツダ『アクセラ』のドライブフィールは、ドライバーの感覚にどこまでも素直にクルマが動くというイメージを目指しているという。

そう話すのは、マツダ車両開発本部操安性能開発部操安性能開発グループの青木智朗さん。しかし、「この感覚は、初めて乗った時と、ずっと乗り続けている場合とでは、若干違ってくることがある」という。

「多分運転者のバックボーンによっても左右されてしまう」と述べ、「これまでものすごく応答の鈍い1BOXユーザーが乗れば応答が過敏すぎるし、その逆もあるだろう」と話す。

青木さんは、その事実を踏まえたうえで、「思った通りに動くということは、乗り続けていくうちに、使い続けていくうちにどんどん体に馴染み、一体感が増えていくと我々は考えている」と述べる。

そして、新型アクセラは、「そこに向けてクルマを作り、仕上げていったのだ」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集