【まとめ】国内仕様となって舞い降りた高級SUV…トヨタ ハリアー

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ・ハリアー ハイブリッド Premium “Advanced Package”
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド Premium “Advanced Package”
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド Premium “Advanced Package”
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド Premium “Advanced Package”
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド Premium “Advanced Package”
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド Premium “Advanced Package”
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド「Premium」
  • トヨタ・ハリアー「Elegance」
  • トヨタ・ハリアー「Elegance」
トヨタのプレミアムクロスオーバーSUV『ハリアー』が10年ぶりにフルモデルチェンジを遂げた。

海外ではレクサス『RX』として販売されてきた先代から一転、レクサスと袂を分かった3代目は国内専用車として開発された。パノラミックビューモニターやレーンディパーチャーアラートなどトヨタ初の装備を採用し、先進性をアピール。高級感を前面に押し出したデザインや静粛性・安定性など乗り心地にもこだわりが見られる。

ガソリンモデルには2.0リットル直列4気筒エンジンを採用。最高出力151ps、最大トルク19.7kgmを発揮するユニットは、2WD仕様で16.0km/リットル(JC08モード)の燃費を達成する。一方ハイブリッドモデルは2.5リットルエンジンとハイブリッドシステムの組み合わせにより、走行燃費21.8km/リットル(JC08モード)を達成した。

発表から1か月の時点で、受注が月販目標の約8倍となる約2万台に達するなど、動力性能と環境性能の両立に期待が集まっている。

◆多くの期待に応えた発表予告

トヨタ、ハリアー の復活を予告

次期型 ハリアー 異例の発売予告、トヨタ「お客様からの問い合わせを多数受けた」

◆特徴残しつつも、洗練されたデザインに

随所に先代モデルのエッセンスがちりばめられたデザイン

ダークスーツを選ぶ感覚でボディカラーを選ぶ

3世代目は国内専用モデルに[写真蔵]

モデリスタは2種類のエアロキットを用意[写真蔵]

◆11月に発表、市場の反応も上々

HVモデル、カタログ燃費21.8km/リットル達成

「多様なライフスタイルに応えるクルマ」有元CE

1か月で2万台を受注…月販目標の8倍

◆HVモデルは2014年1月15日より発売

ハイブリッドモデルは電気式4WDシステムを採用[写真蔵]

ハイブリッドシステムは、カムリをベースに

【試乗】システム出力197馬力で走りは活発…諸星陽一

【試乗】クールな佇まいに見合う洗練された走り…島崎七生人
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集