【東京オートサロン14】ダイハツ、コペンワールドを展開

自動車 ビジネス 企業動向

ダイハツ・コペン フューチャーインクルーデッド Rm1
  • ダイハツ・コペン フューチャーインクルーデッド Rm1
  • ダイハツ・コペン フューチャーインクルーデッド Rm2
  • ダイハツ・コペン フューチャーインクルーデッド Xm1
ダイハツ工業は、2014年1月10日から12日まで、幕張メッセで開催される「東京オートサロン 2014 with NAPAC」に『コペン』を参考出品する。

ダイハツブースは「KOPEN WORLD」をテーマに、骨格+外板の構造を採用するコペンの様々な可能性を出展車で表現。来場者にクルマの楽しみ方の想像を膨らませてもらえるような場を提案する。

出展車は、コペン フューチャーインクルーデッド Rm1、同Rm2、同Xm1の3台。東京モーターショーに出展した車両をベースに3つの異なる世界観をコペンならではの新たなデザインで表現する。同時にライトウエイトスポーツカーの「走る楽しみ」を実現する新たな骨格モデルを参考出品することで、来場者にスポーツカーとしての造り込みの高さをPRする。

また、一般公開日には、元F1ドライバーの片山右京氏と開発責任者のトークステージも実施する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集