【東京オートサロン14】出展小間数が3880小間で過去最高を更新…来場30万人目指す

自動車 ニューモデル モーターショー

東京オートサロンは、2014年1月10日~12日まで、幕張メッセ全館で開催されるカスタムカーと関連製品の展示会「東京オートサロン2014 with NAPAC」の出展状況を発表した。

今回、初めて幕張メッセ全館を使用して開催する東京オートサロンには、自動車メーカー、アフターマーケット・パーツメーカー、カスタムショップ、自動車関連企業、自動車関連専門メーカーなど、企業、学校、団体の出展者は428社と前回から24社マイナスながら、出展台数は前回より38台多い840台となる。総ブース数は3880小間で、過去最高となった前回の3608回を7.5%上回り、過去最高を更新した。

東京オートサロンの来場者数は2009年以来、4年連続で前年を上回っており、前回は3日間合計で28万2659人と過去最高となった。今回は30万人以上の来場を見込んでいる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集