【トヨタ ハリアー 新型発表】ハイブリッドシステムは、カムリをベースに

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ・ハリアー ハイブリッド「Premium」
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド「Premium」
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド「Premium」
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド「Premium」
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド「Premium」
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド「Premium」
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド「Premium」
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド「Premium」
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド「Premium」
3世代目にフルモデルチェンジしたトヨタの新型『ハリアー』。2014年1月15日より発売を予定しているハイブリッドモデルは、先代モデルの17.8km/リットルと比べ、新型モデルは21.8km/リットルの燃費を達成した。

フロントには、152psを発揮する2.5リットル直列4気筒エンジンと143psのモーターを組み合わせている。リアは68psのモーターを搭載、電気式の4輪駆動システム「E-FOUR」を採用した。これにより、システム全体の最高出力は197psとなる。

新型ハリアーのハイブリッドシステムを担当した大塚健司氏は、「システムはカムリ ハイブリッドで、リヤのモーターはレクサス RXの物をそのまま持ってきています。ハードウェア的には、もう今あるものを利用しています。そのポテンシャルを出来る限り上げるため、動かし方を変え、燃費を引き出す工夫をしました」と言う。

今回のハイブリッドモデルは、「高級感」と言うコンセプトで開発され、ハリアーのラインアップの中で上級グレードに設定されたものだ。

「その高級感をうたうため、一番工夫しているのは、エンジンの動かし方です。エンジンがかかる時のショックを出来るだけ納めるため、エンジンマウントの設計をゼロから見直しました。4つのマウントのバランスから動かし方、奇麗に回せて奇麗に動かせるよう工夫しました。なので、エンジンが掛かった時のショックは、今までのハイブリッドより大分小さくなっています。レクサス並みのショックです」と大塚氏は語る。
《太宰吉崇》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集