太田国交相表敬で高速料金引き下げ要望...全国オートバイ協同組合連合会

自動車 社会 社会

新たな高速道路料金の決定を前に、ETC普及で四輪車に遅れをとる二輪車について、業界があせりを募らせている。

二輪車販売店の全国組織である「全国オートバイ組合連合会」(AJ)は11日、太田昭宏国土交通相を表敬訪問した。

関係者によると、ここで話題にしたのは、ETC車載器の購入補助と、それに伴う高速道路料金引き下げの2点だけ。

「要望したいことはいろいろあるが、最も実現していただきたいことを直接お話したかった」(吉田純一会長)

高速道路料金について、いつから要望をしているのかという太田氏の問いかけに、「もう20年にわたって」と答える一幕もあったという。

ITS関連サービスで国内の二輪車は、完全に取り残された状態だ。最近になってようやく一部の大型新車で、ETC車載器搭載のスペースが設けられるようになったばかり。

車載器も四輪車では、すでにITSスポット対応(DSRC)車載器が商品化され、次世代型が拡大の兆しを見せている。

伸び悩む車載器搭載に、購入補助ではずみをつけたい。働きかけにも力がこもる。

高速道路料金に関連する話題は、自民党オートバイ議連(逢沢一郎会長)が太田氏に手渡した要望書の中にも盛り込まれていた。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集