スズキ、GSR250のハーフカウル仕様「GSR250S」を発売

モーターサイクル 新型車

スズキは、ロード・スポーツ・バイク「GSR250」のハーフカウル仕様「GSR250S」を2014年1月10日から発売すると発表した。

「GSR250S」は、街乗りからツーリングまで幅広く使えるバイクとして開発したモデル「GSR250」に高い防風効果を発揮するハーフカウルを装備した。このハーフカウルは、走行試験を繰り返して開発された、鋭い造形とし、250ccクラスを超えたスタイリングをより強調、力強い形状を実現しながら防風性と快適性を高めている。

ハンドル形状も変更し、「GSR250」と比べ、高く手前の位置に変更することで、高速走行や長距離ツーリング時に、より快適で、前傾の少ない乗車姿勢を実現する。左手元にはハザード・ランプ・スイッチを採用した。

車体色は、青「トリトンブルーメタリック」、黒「パールネブラーブラック」の2色を設定する。

「GSR250」シリーズ全体で年間2500台の販売を計画している。

価格は47万8800円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集