【ホンダ ヴェゼル 発表】開発責任者「HV比率は8割超を想定」

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ ヴェゼル
  • ホンダ ヴェゼル
  • ホンダ ヴェゼル
  • 本田技術研究所四輪R&Dセンター 板井義春主任研究員
  • ホンダ ヴェゼル
  • ホンダ ヴェゼル
  • ホンダ ヴェゼル
  • ホンダ ヴェゼル
  • 日産自動車 ジューク
ホンダが12月19日に発表した新型SUV『ヴェゼル』のパワートレインは、1.5リットル直噴ガソリンモデルと、同エンジンに1モーターを組み合わせたハイブリッドモデルの2本立てとなっている。

開発責任者を務める本田技術研究所四輪R&Dセンターの板井義春主任研究員は「日本でのハイブリッド比率は8割くらいを想定している。ただ新型『フィット』の状況を踏まえると100%近くなってもおかしくないのではないか思う」と語る。

その一方で「ハイブリッドが脚光を浴びる日本の市場ではあるが、ガソリンエンジンも決して競争力が低いわけではないので、是非、ガソリンエンジンも多くの方に選んでいけたらなと思う」とも述べている。

ハイブリッドモデルは最高出力が112kW、JC08モード燃費27.0km/リットルに対し、ガソリンモデルは96kW、20.6km/リットルと、やや見劣りがする。

板井主任研究員も、この点は認めつつも「環境性能は非常に高いものを有しているし、ダウンサイザーや若いユーザーの受け皿として、ガソリンエンジンを併売してやっていくということでラインアップの中に入れている」と語る。

というのも「(競合車)『ジューク』のユーザーを調べると、実はけっこう、ダウンサイザーが多い。こうしたダウンサイザーがホンダのラインアップの中で選ぼうとすると『フィット』や『フィットシャトル』ということになっていくが、数が多いのでいやだという方がかなりいる」からだと指摘する。

また「コンパクトなサイズで200万円以下のこなれた価格帯というところにジュークがあり、非常に良いということで流れている」とも説明。

その上で「ヴェゼルは、そうしたダウンサイザーの方たちに十分買って頂ける商品だと思っている。またハイブリッドには価格的に手が届かない方でもガソリンエンジンだったら十分買えそうだという若いユーザーにマッチした商品だと思っている」と述べた。

ヴェゼルのハイブリッドモデルの価格は219万~268万円、ガソリンエンジンモデルは187万~212万円となっている。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集