ミシュラン、北米で商用車用タイヤをリコール…130万本

自動車 テクノロジー 安全

ミシュラン LTX
  • ミシュラン LTX
フランスのタイヤ製造大手、ミシュランの米国法人、ミシュランノースアメリカは12月13日、米国、カナダ、メキシコで販売した商用車用タイヤのリコール(回収・無償修理)を行うと発表した。

今回のリコールは、ミシュラン『LTX』と呼ばれる全天候型タイヤが対象。2010年1月から2012年6月までに生産された、およそ130万本が該当する。市場別の内訳は、米国がおよそ120万本で最多。

NHTSA(米国運輸省道路交通安全局)によると、リコールに至った原因は、トレッド面が剥離したり、タイヤの空気が急速に抜けたりする不具合が報告されたため。なお、このタイヤを装着した車による事故で、死者や負傷者は出ていないという。

なお、リコールされるミシュランLTXタイヤのサイズは、225/75R16。新車で装着されている場合もあれば、アフターマーケットで交換用に販売されたものもある。新車装着の場合、小型商用トラック、小型RV、フルサイズピックアップトラックなどが含まれる。

ミシュランノースアメリカは、顧客や販売店に謝罪。リコール対象のタイヤを装着している顧客に対しては、できるだけ早期に販売店を訪れ、タイヤを無料交換するよう、呼びかけている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集