アキュラの最上級セダン、RLX …米国でリコール

自動車 テクノロジー 安全

ホンダの米国法人、アメリカンホンダは12月15日、アキュラブランドの最上級セダン、『RLX』(ホンダ『レジェンド』後継車)の2014年モデルについて、リコール(回収・無償修理)を実施すると発表した。

今回のリコールは、リアサスペンションの不具合が原因。アキュラによると、工場での組み立て工程において、リアサスペンションを固定する8本のボルトの1本から数本に、締め付けが不十分な車両があり、ボルトが脱落した場合、事故につながる恐れがあるという。

対象となるのは、アキュラRLXの2014年モデルで、米国で販売された7387台。

アキュラは、対象車を保有する顧客に連絡。対策部品が用意でき次第、リコール作業に着手する予定だ。作業はアキュラ販売店で点検を行い、必要があればボルトを交換する内容。

なお、アメリカンホンダは、「この不具合による事故や負傷者の報告は受けていない」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集