三菱自動車、ケニア・ナイロビにアフリカ駐在員事務所を開設

自動車 ビジネス 海外マーケット

三菱自動車は、アフリカ市場の情報収集、現地販売網の活性化を目的として、ケニアの首都ナイロビに駐在員事務所を開設し、2014年1月より業務を開始すると発表した。

アフリカは豊富な資源や人口増加などを背景に、成長が期待される市場であり、自動車需要も今後急速な拡大が見込まれている。三菱自動車は1968年に市場に参入して以来、悪路での走破性や四輪駆動技術などが現地顧客に受け入れられ、ピックアップトラックやSUVなどを中心にアフリカ48か国で販売活動を展開してきた。

従来、アフリカ地域の営業・部品・サービス支援機能は、ドバイのMMMEA(ミツビシ・モーターズ・ミドルイースト・アンド・アフリカ・FZE)が担当してきた。しかし近年、市場ニーズのきめ細かな情報収集や商品開発へのフィードバック、現地販売店とのコミュニケーション緊密化などの必要性が高まり、今回、1996年より中断していたアフリカ地域への駐在員派遣を再開。東アフリカの中心国であるケニア・ナイロビに駐在員事務所を開設する。今後は、MMMEAと連携をとり、事業強化に努めるとともに、現地の人材育成などにも積極的に取り組んでいく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集