【大阪モーターショー13】本年締めくくりの大阪モーターショーが12月20日開幕

自動車 ニューモデル モーターショー

前回大阪モーターショーの会場
  • 前回大阪モーターショーの会場
  • 前回大阪モーターショーの会場
  • 東京モーターショーでは出典のなかったロータス
  • 東京モーターショーでは出典のなかったキャデラックCTS
  • 会場を盛り上げるナビメイトの3人
西日本最大の自動車イベントである『大阪モーターショー13』が12月20日から23日まで4日間にわたって、大阪市住之江区のインテックス大阪で開催される。

今回の大阪モーターショーでは、前回を上回るブランド数と280台(12月2日現在)にのぼる展示車の出展とともに、285社・団体が最新の自動車関連の展示、関連企画で盛り上げる。

国産車では主な乗用車メーカーが東京モーターショーでも話題になったコンセプトカーや、発売予定の新型車を展示するほか、輸入車では、フィアット、アバルト、ロータス、ケータハム、キャデラック、シボレー、ハーレーダビッドソンの東京モーターショーでは出展がなかったブランドも登場する。

会場では、最新の環境・安全装備を備えた自動車に試乗・体験できるコーナーが20日と21日に開催され、衝突安全装置を体験できる『プリクラッシュ実演コーナー』も予定されている。

会場内のイベントステージでは、20日の中川翔子さんライブ、21日の山本高広さんものまねライブ、23日の元阪神タイガース桧山進次郎さんのトークショー、大阪モーターショーの公式モデル『ナビメイト』のトークショー・撮影会などが行われる。

当日入場料は大人1500円(前売1300円)、小学生700円(同600円)、未就学児・障害者手帳をお持ちの方は無料となっている。前売券は、プレイガイドやコンビニで発売中だ。

主催者は、駐車場に限りがあるので、公共交通機関の利用を呼びかけている。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集