JR東海のシカ対策装置、キハ25形にも設置へ…非設置車に比べ遅れ3分短縮

鉄道 テクノロジー

JR東海はこのほど、列車とシカの衝突時に衝撃を緩和する装置について、これまでの試行実績を発表した。運行時間の遅れを短くできるなどの効果が見られたことから、同社は今後も設置車両を増やしていく。

同社によると近年、シカとの衝突事故が多数発生するようになり、列車の遅れや車両の破損などの問題が生じていた。こうしたことから同社は、衝突時にシカを線路の外に押しのける「衝撃緩和装置」を開発。紀勢方面の特急『ワイドビュー南紀』で運用しているキハ85系の先頭車6両(連結タイプ4両・非連結タイプ2両)に設置して、効果の検証を続けてきた。

2012年7月から今年11月にかけて発生した『ワイドビュー南紀』とシカの衝突は140件。衝撃緩和装置を設置した車両との衝突は75件、非設置車両との衝突は65件だった。シカを線路外に押しのけた件数は、設置車両が64件、非設置車両が47件で、押しのけた割合は設置車両の方が13%高い。シカとの衝突による遅延時間の平均も設置車両が15.1分、非設置車両が18.2分で、設置車両の方が約3分短かった。30分以上の遅れが発生したのは設置車両が1件、非設置車両が6件だった。

同社は今後も衝撃緩和装置の設置車両を増やす方針。2014年度から2015年度にかけて高山本線と太多線、紀勢本線、参宮線に順次投入するキハ25形2次車52両に、分割・併合を考慮した形状の衝撃緩和装置を設置する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集