【東京モーターショー13】ダイハツコペン…走る楽しさから所有する喜び、納車までのワクワク感を演出

自動車 ニューモデル 新型車

ダイハツ・コペン
  • ダイハツ・コペン
  • ダイハツ・コペン
  • ダイハツ・コペン
  • ダイハツ・コペン・フューチャーインクルーデッド Rmz(東京モーターショー13)
  • ダイハツ コペンコンセプト(東京モーターショー13)
  • ダイハツ コペンコンセプト(東京モーターショー13)
  • ダイハツ コペンコンセプト(東京モーターショー13)
  • ダイハツ コペンコンセプト(東京モーターショー13)
ダイハツが東京モーターショー13に出展した『コペン』は、樹脂の外板意匠をカバーケースのように自由に着せ替える新しい使い方と、骨格構造がもたらす走りの進化を具現化したクルマだという。

ダイハツ工業デザイン部主査の和田広文さんは、外板意匠を交換できることについて、「これまでサードパーティの方はバンパーやチンスポイラーなどのみの販売や交換であったが、コペンの場合は、ボディ全部を専用に作ることが出来るので、ぜひどんどん新しいデザインでチャレンジしてほしい」と話す。

また、ダイハツとしても、「ボディ骨格と樹脂外板という新しいチャレンジを、会社を挙げてやっていくことで、『ミラ』や『ムーヴ』など将来のクルマにつながっていく、壮大な夢なのだ」という。

和田さんは、「走る楽しさ、所有する楽しさ、クルマを買う楽しさが近年薄れ気味のような気がする」と述べ、2014年にコペンが発売されることで、「こういった思いが再び取り戻せるのではないかと期待する。メーカーとしても、契約から納車までのワクワク感を演出するために、何らかの仕掛けを考えていきたい」という。

さらに、初代コペンは工場を工房のイメージで製造していたことから、「単にラインで製造するのではなく、今回もそういう仕掛けはやりたい」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集