JR西日本、一部運休中の三江線2014年7月に再開へ

鉄道 企業動向

JR西日本は12月11日、集中豪雨の影響で一部区間の運転を見合わせている三江線について、2014年7月中に全線の運転を再開できる見込みになったと発表した。

三江線は、山陰本線江津駅(島根県江津市)と芸備線三次駅(広島県三次市)を結んでいる全長108.1kmのJR線。8月24日未明に島根県西部を中心に発生した集中豪雨の影響で全線が運休となった。

9月1日からは浜原~三次間58.0kmのみ運転を再開したが、残る江津~浜原間50.1kmは線路内への土砂流入や法(のり)面の崩壊、井原川橋りょうの橋脚流出など72カ所で災害が発生し、現在も列車の運転を見合わせている。

11月から復旧工事が本格化しており、2014年7月中には再開できる見込みになった。それまでは引き続きバスによる代行輸送を実施する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集