【日産 エクストレイル 新型発表】世界初採用のシャシー制御技術を搭載

自動車 ニューモデル 新型車

日産・エクストレイル
  • 日産・エクストレイル
  • 日産・エクストレイル
  • 日産・エクストレイル
  • 日産・エクストレイル
  • 日産・エクストレイル
  • 日産・エクストレイル
  • 日産・エクストレイル
日産自動車は、新型『エクストレイル』を12月16日より発売すると発表した。

新型エクストレイルは、アウトドアスポーツを楽しむ若者をターゲットとした本格SUV。4WDシステム「ALL MODE 4×4-i」を継承しながら、世界初となる「アクティブライドコントロール」「アクティブエンジンブレーキ」や、「コーナリングスタビリティアシスト」といった先進技術を全車に採用し、乗りごこちや運転のしやすさ、安全性などを大幅に向上させている。

環境面では、直噴MR20DDエンジンをはじめ、アイドリングストップ、新型エクストロニックCVT、走行抵抗の低減、軽量ボディなどの低燃費技術の採用により、高い走行性能と16.4km/L(JC08モード)の低燃費を両立させている。

また、日産初採用のエマージェンシーブレーキをはじめとした安全装備を充実させ、さらにインテリジェントパーキングアシスト付のアラウンドビューモニターを設定するなど、さまざまな運転シーンで安心のドライブをサポートする。

フロントオーバーライダーやアンダーカバー、専用の大型フロントフォグランプやアルミホイールなどを装備し、本格SUVとしてワイルドでタフなイメージをより強調した「エクストリーマーX」も同時発売する。

なお、新型エクストレイルは日産自動車九州で生産し、2500台/月の販売を目指す。

価格は224万9100円から279万7200円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集