レオナルド・ディカプリオ、フォーミュラE 参戦へ

エコカー EV

2014年、FIA(国際自動車連盟)が始める新たなEVレースシリーズ、「フォーミュラE」。このモータースポーツに、俳優のレオナルド・ディカプリオのチームが参戦することが分かった。

これは12月9日、モナコに本拠を置くベンチュリオートモービル社が明らかにしたもの。「レオナルド・ディカプリオと共同で、ベンチュリ・グランプリ・フォーミュラEチームを立ち上げ、FIAフォーミュラEチャンピオンシップに参戦する」と発表している。

FIAフォーミュラEチャンピオンシップは、全10戦を計画。世界の大都市中心部の公道上の特設コースで、レースを開催する。開幕戦は2014年9月、中国の北京。その後、プトラジャヤ(マレーシア)、香港、プンタ・デル・エステ(ウルグアイ)、ブエノスアイレス(アルゼンチン)、ロサンゼルス、マイアミ、モンテカルロ、ベルリン、ロンドンを転戦する予定。

ベンチュリオートモービルは2010年8月、米国ユタ州ボンネビルにおいて、最大出力800psのモーターとリチウムイオンバッテリーを搭載したEVプロトタイプ、『ジャメ コンテント』を使用し、515km/h(平均495km/h)というEVの世界最高速記録を達成。そのノウハウを、フォーミュラEに応用する。

同社の参戦発表で、フォーミュラEの全10チームが出揃った。レオナルド・ディカプリオは、「地球の将来は、燃費効率に優れる代替燃料車を利用する人間の能力次第。このチームに参加できることを、うれしく思う」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集