フォード Ka コンセプト、次期 Ka を示唆…2-3年以内に市販へ

自動車 ニューモデル 新型車

フォード Ka コンセプト
  • フォード Ka コンセプト
  • フォード Ka コンセプト
  • フォード Ka コンセプト
  • フォード Ka コンセプト
  • フォード Ka コンセプト
  • フォード Ka コンセプト
米国の自動車大手、フォードモーターは12月5日、スペイン・バルセロナにおいて、フォード『Kaコンセプト』を初公開した。

同車は、次期『Ka』を示唆したコンセプトカー。初代Kaは1996年、パリモーターショーでデビュー。欧州Aセグメントに属するコンパクトカーで、当時のフォードが推進していた斬新な「ニューエッジデザイン」をまとっていた。日本市場にも1999年、導入されている。

フィアットと共同開発された現行の2代目は、2008年に登場。コスト削減のために、メカニズムなど基本コンポーネンツの多くをフィアット『500』と共用化し、生産もフィアット500と同じポーランド工場で行われる。外観はフォードの最新デザイン言語、「キネティック」に沿って設計された。

今回発表されたフォードKaコンセプトは、次期Kaを示唆した1台。フォードの欧州ベストセラー車といえば、『フィエスタ』がある。その下に位置するKaにも、最新のデザイン言語を導入し、フィエスタと共通イメージのフロントマスクが与えられる。

Kaコンセプトは現時点ではコンセプトカーだが、ほぼこのままのデザインで市販されると見られる。市販時期に関して、同社は「2-3年以内」と説明。次期Kaは、グローバルカーに位置付けられ、世界の重要市場に、手頃な価格で投入することを目指す。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集