ジャガー・ランドローバー、ブラジルに工場建設…2016年生産開始

自動車 ビジネス 企業動向

英国の高級車メーカー、ジャガー・ランドローバーは12月5日、ブラジルに工場を建設する計画を発表した。

同社の発表によると、ブラジルのリオデジャネイロ州との間で、ジャガー・ランドローバーの工場建設における合意を交わした。2014年の半ばから工事に着手し、2016年から現地生産を開始する。

ジャガー・ランドローバーは、工場建設に2億4000万ポンド(約400億円)を投資。およそ400名の従業員を雇用し、ブラジル市場向けに年間最大2万4000台を組み立てる。生産車種は、現時点では公表されていない。

なお、ブラジルで現地生産を行う英国の自動車メーカーは、ジャガー・ランドローバーが初となる。工場は、リオデジャネイロ州のイタチアイア市に置く。

ジャガー・ランドローバーのラルフ・スペスCEOは、「ブラジルとその周辺地域は、非常に重要。極めてプレミアムな商品を求める顧客が、増えている」と述べた。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集