ブガッティ ヴェイロン、累計400台を販売…生産終了まで残り50台

自動車 ビジネス 海外マーケット

ブガッティ ヴェイロン 16.4グランスポーツ VITESSEのジャン-ピエール・ウィミーユ
  • ブガッティ ヴェイロン 16.4グランスポーツ VITESSEのジャン-ピエール・ウィミーユ
  • ブガッティ ヴェイロン 16.4グランスポーツ VITESSEのジャン-ピエール・ウィミーユ
  • ブガッティ ヴェイロン 16.4グランスポーツ VITESSEのジャン-ピエール・ウィミーユ
世界最強、最速、そして最も高価なフランスのスーパーカー、ブガッティ『ヴェイロン』。同車の生産が、残りの50台の販売をもって、終了することが分かった。

これは12月5日、ブガッティが明らかにしたもの。「ヴェイロンの累計販売台数が400台に到達した。生産終了まで、残り50台となった」と発表している。

もともとヴェイロンは、限定450台のみを生産する計画。その内訳は、クーペボディが300台、オープンボディの「グランスポーツ」が150台。すでにクーペは生産を終了しており、完売。今回、グランスポーツも100台が売れたことが明かされた。

ヴェイロンは、2005年の東京モーターショーで市販モデルを発表。8.0リットルW16気筒エンジンに4つのターボを装着し、最大出力1001ps、最大トルク127.5kgmという桁外れのスペックを発揮する。強大なパワーは7速DSGとフルタイム4WDで路面に伝えられ、0-100km/h加速2.5秒、最高速407km/hという世界屈指のパフォーマンスを実現。日本での価格は、2007年当時で1億9900万円。

最新モデルの『ヴェイロン16.4 グランスポーツ ヴィテッセ』では、クーペの「16.4スーパースポーツ」と同じ専用チューンが施され、最大出力は1001psから1200psへ、最大トルクは127.5kgmから153kgmへ、それぞれ199ps、25.5kgmの性能アップを果たす。もちろん、パワーアップに対応して、シャシーは強化。0-100km/h加速は2.6秒、最高速は410km/hの実力。2010年には、クーペの16.4スーパースポーツが、市販車のギネス世界最高速記録、431.072km/hを達成している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集