【株価】マツダが反発…円安進行で割安感、外資系証券が目標株価を600円に引き上げ

自動車 ビジネス 株価

全体相場は続落。

寄り付きは、利益確定売りと値ごろ感からの買いが拮抗。材料難で方向感のない中、後場入り後、売りが優勢な場面もあったが、引けにかけて下げ幅を縮小した。

平均株価は前週末比6円80銭安の1万5655円07銭と小幅続落。

自動車株は高安まちまち。

マツダが11円高の482円と反発。大手外資系証券が目標株価を従来の500円から600円に増額。円安進行に伴い、割安感が強まったとしている。

ダイハツ工業、富士重工業が続伸。

一方、ホンダが25円安の4305円と反落。

トヨタ自動車が10円安の6370円、日産自動車が3円安の933円と続落。

スズキ、日野自動車、いすゞ自動車がさえない。

こうした中、三菱自動車が1110円で変わらず。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集