【東京モーターショー13】会期あと3日、前回超えの入場者数達成が濃厚に

自動車 ビジネス 国内マーケット

大勢の来場者で混雑するモーターショー会場
  • 大勢の来場者で混雑するモーターショー会場
  • 大勢の来場者で混雑するモーターショー会場
  • 大勢の来場者で混雑するモーターショー会場
  • 展示車に触ることも至難の業
  • 大勢の来場者で混雑するモーターショー会場
  • 東京モーターショーの会場、東京ビッグサイト
  • 東京モーターショーの会場、東京ビッグサイト
日本自動車工業会(自工会)の東京モーターショー運営事務局は、11月28日終了時点の累計入場者数を57万7900人と発表した。残り会期3日間を残して、目標としていた前回の累計入場者数(84万2600人)を超える可能性が濃厚になってきた。

今年の東京モータショーは平日入場者数が7万人程度で推移しており、これに土日の入場者(23日は13万5800人、24日は11万1150人)をあわせて24万人程度と見積もると、88万~89万人程度の累計入場者数が見込める計算となる。週末の3日間は好天が予想されており、相当の人出があるとすると、90万人超えの可能性もある。

76ものワールドプレミアが登場したことで盛んにメディアでも取り上げられたり、アベノミクスの好景気にも支えられるなど、話題性にあふれた今回のモーターショーに高い関心を持つ人は多い。自工会の名尾良泰副会長は「前回(84万2600人)を1人でも多く上回りたい」と開催前の会見で述べていたが、関係者は順調な入場者の推移で胸をなで下ろしているところだろう。

ただし、あまりの人出になると混雑にも拍車がかかり、「目当ての車が見られない」「休憩場所が足りない」「駐車場周辺の渋滞が激化する」など、東京ビッグサイトのサイズと立地に起因する問題も出ている。今回はアメリカ車やイタリア車が出展を見合わせている中での混雑ぶりであり、2年後を見据えると会場キャパシティが限界に来つつあることも明らかになってきた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集