【東京モーターショー13】三菱コンセプト AR…こだわりのフロントフェイス

自動車 ニューモデル 新型車

三菱コンセプト AR(東京モーターショー13)
  • 三菱コンセプト AR(東京モーターショー13)
  • 三菱コンセプト AR(東京モーターショー13)
  • 三菱コンセプト AR(東京モーターショー13)
  • 三菱コンセプト AR(東京モーターショー13)
  • 三菱コンセプト AR(東京モーターショー13)
  • 三菱コンセプト AR(東京モーターショー13)
  • 三菱コンセプト AR(東京モーターショー13)
  • 三菱コンセプト AR(東京モーターショー13)
三菱自動車が、東京モーターショー13に出展している『コンセプト AR』は、MPVとSUVの融合を図ったモデルである。ARとは、アクティブランナバウトの意味。

同社デザイン本部デザイン部の山本衆一郎さんは、「フロント周りはこだわりを持ってデザインした。灯火機類はなるべく小さくしたいが、コストがかかるので、低価格のクルマになればなるほどランプ類は大きく、ちょっと可愛い感じになってしまう」と話す。

しかし、「小さいながらも堂々と幅広く見せるような処理のひとつは、ランプを薄くして横幅を長く感じさせることだ」と山本さん。

「コンパクトなクルマという性格と重ね合わせて、フレンドリーさを表現という方法もあるが、もし、自分が買うことを想定すると、あまり可愛くはしたくなかった。コンパクトなクルマであっても、精悍な顔つきはどうしても選ぶうえで重要だと思った」と述べ、今回はあまりコストにこだわらずにデザインしたという。

また、「ダイヤバンドという、スリーダイヤから始まる黒い帯に、フロントのフェンダーの塊とを立体的に組み合わせ、かつダイヤバンドの中にライト類などの機能部品を配することで、機能的にも見せている」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集