【ストラーダ R300WD】フロントインフォディスプレイ&DSRC対応の充実機能モデル[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

画面回りはフラットで、無駄な凹凸がないフラットフェイスデザイン。運転席のダッシュボードに設置されているのはフロントインフォディスプレイのCY-DF100D。
  • 画面回りはフラットで、無駄な凹凸がないフラットフェイスデザイン。運転席のダッシュボードに設置されているのはフロントインフォディスプレイのCY-DF100D。
  • R300WDは、幅200mmのワイドタイプ。本体右側にハードキーが置かれる
  • 準天頂衛星「みちびき」に対応してGPSの精度がアップしている
  • CD/DVDスロットやエンタメ用SDカードスロットを備える
  • フロントインフォディスプレイのCY-DF100D。
  • ドライバーの視線上に進行方向やレーン情報が表示されるため、脇見運転の防止にもなる。
  • レーン案内は進行方向が黄色に表示され明滅する。自然と視界に入ってくるので曲がり角をミスする可能性は小さい
  • パニソニックのフロントインフォディスプレイ「CY-DF100D」
パナソニック SDカーナビステーション「ストラーダ」の2013年秋の新製品が「R300シリーズ」だ。

R300シリーズは、7V型ワイド液晶を搭載するメモリータイプのAV一体型カーナビゲーション。地図上の文字の書体を見やすいフォントに変更して地図の視認性を向上させたほか、AV一体型ナビシステムとしては業界で初めて「準天頂衛星みちびき」に対応し、測位精度を向上させた。

目的地検索やエンタテインメント機能を強化する、スマートフォン専用アプリとの連携機能を搭載。ワイドVGA液晶ディスプレイ、LEDバックライト、クリアパネルを採用し、テレビを高画質で楽しめるようにするなど、AV・エンタテインメント機能も強化されている。

今回取り上げる『CN-R300WD』は幅200mmタイプのワイド仕様。通常の2DINサイズは『CN-R300D』となる。

また、ITSスポットサービス(DSRC)やフロントインフォディスプレイ(「CY-DF100D」)に対応。安心・快適なドライブをサポートする。フロントインフォディスプレイは、運転席正面のドライバー視線上に案内情報を投影することで運転中の脇見を最小限にとどめる。高いコントラストと、照度センサーによる輝度自動調節機能を持ち、視認性に配慮した。今回は、ナビ本体とこのフロントインフォディスプレイを中心に写真でレポートする。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集