【東京モーターショー13】スバル レヴォーグ「日本向けにスバルを凝縮した車」

自動車 ニューモデル モーターショー

東京モーターショー スバルプレスカンファレンス
  • 東京モーターショー スバルプレスカンファレンス
  • 東京モーターショー スバルプレスカンファレンス
  • 東京モーターショー スバルプレスカンファレンス
  • 東京モーターショー スバルプレスカンファレンス
  • 東京モーターショー スバルプレスカンファレンス
  • 東京モーターショー スバルプレスカンファレンス
  • 東京モーターショー スバルプレスカンファレンス
  • 東京モーターショー スバルプレスカンファレンス
富士重工業は20日、東京モーターショーのプレスカンファレンスで、スバル『レヴォーグ(LEVORG)』の発表を行った。

プレスカンファレンスに登壇した吉永泰之社長は、レヴォーグは2011年の中期経営計画の中で2014年に投入するとしていた日本市場向けの新型車であるとし、「スバルのノウハウを凝縮した安心で楽しい車」と紹介した。

特徴は、レヴォーグのために開発した1.6Lの直噴ターボ水平対向エンジンである。コンパクトで省エネ・小排気量ながら走行性能も追及しているが、このエンジンでは1タンクで1000kmの走行が可能だという。また、カラー認識可能なアイサイトVer.3が搭載され、「レーンキープ機能などと合わせて自動運転に近いプリクラッシュセーフティ(吉永社長)」を実現した。価格帯はまだ未定とのことだが、現行のインプレッサとレガシーの間のセグメントになるのではないかと予想される。なお、レヴォーグには1.6リットル以外に2.0リットルエンジン(BOXER DIT)のモデルも用意される。

レヴォーグは2014年春の発売を予定しており、年明け早々には先行予約を開始するそうだ。また、最後に「19時間後に開催されるロサンゼルス オートショーでは新型WRXも発表されるでしょう。」とかねてよりの噂についても発表を明言した。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集