【東京モーターショー13】テスラ モデルS、3列目にチャイルドシートが!…パナソニックが試乗会開催

自動車 ニューモデル 新型車

テスラ モデルS 、3列目にチャイルドシートが装備されている(後ろ向きに着座)
  • テスラ モデルS 、3列目にチャイルドシートが装備されている(後ろ向きに着座)
  • フロントの荷室空間もたっぷり
  • クールな印象のモデルS 実際はEVの利点を生かした実用性も考慮されていた
  • 【東京モーターショー13】テスラ モデルS、3列目にチャイルドシートが!…パナソニックが試乗会開催
  • 【東京モーターショー13】テスラ モデルS、3列目にチャイルドシートが!…パナソニックが試乗会開催
  • 【東京モーターショー13】テスラ モデルS、3列目にチャイルドシートが!…パナソニックが試乗会開催
  • 【東京モーターショー13】テスラ モデルS、3列目にチャイルドシートが!…パナソニックが試乗会開催
  • 【東京モーターショー13】テスラ モデルS、3列目にチャイルドシートが!…パナソニックが試乗会開催
東京モーターショー2013の開催と合わせて、パナソニックは同社製バッテリーを搭載したテスラモーターズの『テスラ モデルS』の試乗会を、一般参加者に向けて11月22日から12月1日まで東京ビッグサイトにほど近いパナソニックセンター東京において開催する。

19日は、一足早く報道関係者に向けて試乗会が開催され、実際にモデルSを体験することができた。

実車を見て驚いたのが、フロントのラゲッジスペースの広さ、リアエンジン車のスポーツカーにも同様の荷室スペースを用意するものがあるが、広さが違う。また、後部のラゲッジスペースにも子供用のチャイルドシートが2座隠されており、大人5名に子供2名が乗車可能なのがユニーク。

室内空間も巨大なインフォーメーションディスプレイが装備され、Google Mapによるナビゲーションから、ステアリングの重さの変更やスライディングルーフの開閉まで、各種システムの操作がおこなえる。実際に走行してみると、およそ2トンの車体を感じさせない圧倒的なパワーで、グイグイ車体を引っ張っていく加速を体感することができた。

なお、試乗会の開催されるパナソニックセンター東京では、試乗会と合わせて『テスラ・モデルS』のシャーシを11月19日から12月1日まで展示予定。
《》

編集部おすすめのニュース

特集