テスラ社アジア担当ケビン・ユー氏「日本市場はオープンマインド」

エコカー EV

巨大なインフォメーションディスプレイが特徴的なテスラ モデルS
  • 巨大なインフォメーションディスプレイが特徴的なテスラ モデルS
  • テスラ社アジア担当ケビン・ユー氏「日本市場はオープンマインド」
  • テスラ社アジア担当ケビン・ユー氏「日本市場はオープンマインド」
  • テスラ社アジア担当ケビン・ユー氏「日本市場はオープンマインド」
  • テスラ社アジア担当ケビン・ユー氏「日本市場はオープンマインド」
  • テスラ社アジア担当ケビン・ユー氏「日本市場はオープンマインド」
19日、パナソニックとテスラモーターズとの共同会見が行われ、電気自動車『モデルS』の予約を開始したテスラモーターズのアジア・パシフィック担当ケビン・ユー氏は、日本市場について「非常にオープンマインドで、新しいテクノロジーを試してみる風習がある」と評価した。

一方で、ユー氏「プロダクトサイクルを早くするなど、成功するための企業としては基準が高く、単に価格が安いだけで中途半端なものを出しても受入れられない、最高の商品を競合モデルより求めやすい価格で提供しなければならないユニークな市場」との見方を示した。

ここにきて、電気自動車を発売する国内メーカーは価格を下げ、一方で輸入車勢ではBMWがEVの日本導入を発表した競争環境が変化してきている。

ライバル企業との競合関係について、ユー氏「どの企業がライバルという見方はしていない、電気自動車の市場が成長することが第1の目標で、石油を消費した移動手段から電力を使った移動手段に移行することを一緒にやっていける企業との位置づけと考えている」とコメントした。
《》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集