ホンダ、超小型EV MC-β を発表…熊本県などで社会実験を開始

エコカー EV

ホンダ・MC-β
  • ホンダ・MC-β
  • ホンダ・MC-β
  • ホンダ・MC-β(ホンダミーティング13)
  • ホンダ・MC-β(ホンダミーティング13)
  • ホンダ・MC-β(ホンダミーティング13)
  • ホンダ・MC-β(ホンダミーティング13)
ホンダは11月19日、近距離移動用の超小型EV『MC-β』を発表した。

MC-βは、定格6kW/最大11kWのモーターを搭載。最高速度は70km/h以上、最大航続走行距離は80km以上を達成する。

全長は軽自動車よりも約0.9メートル短い2,495メートル。最小回転半径がわずか3.3メートルという取り回しの良さと、電動車両らしいキビキビとした走りで、さまざまな道路環境での快適な走行を提供する。

また、超小型でありながらも、オフセットシートレイアウトを採用することで、大人2人が快適に座れる空間とユーティリティースペースを確保。二輪車技術を応用したパイプフレームボディにより、軽量で高剛性のボディを実現している。

充電は、AC100V/AC200Vに対応。一般的な電気自動車用充電スタンドを使用することができ、充電時間は200Vで3時間以下、100Vで7時間以下となっている。

ホンダは、熊本県、さいたま市、宮古島市の各自治体と共同で今月より開始した社会実験に、MC-βを順次導入。この社会実験では、各地域の街づくりや、移動に関する課題に対して、社会システムとして求められる超小型モビリティーの使い方やニーズの探索を行っていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集