【マツダ CX-5 一部改良】新仕様のリアダンパーにより乗り心地改善

自動車 ニューモデル 新型車

マツダ CX-5 XD L Package
  • マツダ CX-5 XD L Package
  • マツダ CX-5 XD L Package
  • マツダ CX-5 XD L Package
  • マツダ CX-5 XD L Package
  • マツダ CX-5 XD L Package
  • マツダ CX-5 XD L Package
  • マツダ CX-5 XD L Package
  • マツダ CX-5 XD L Package
マツダはクロスオーバーSUV『CX-5』を一部改良し10月17日から発売した。

今回の改良では、低速走行時の衝突被害を軽減する「スマート・シティ・ブレーキ・サポート」が全グレード標準装備されたほか、ボディ色に同社の『アテンザ』に設定されていたブルーリフレックスマイカを追加設定し、内装ではATシフトレバー周りのデザインが一新された。

さらに、新型『アクセラ』にも採用されている新仕様のリアダンパーが採用され、乗り心地が大幅に改善されたという。この新しいダンパーはどのようなものなのか。車両開発本部 操安性能開発部 操安性能開発グループの中村聡氏によると、人とクルマが心まで通じ合う、クルマと一体となる乗り心地を目指して開発されたという。

同氏は「マツダの考える乗り心地に、路面情報など”必要な情報を人に伝える乗り心地”と不快な振動など”不要な情報を排除する乗り心地”というものがあります。今回CX-5では、”あらゆるシーンで減衰感を感じられる上質な乗り心地”と”不快な振動を抑え、減衰させる”という2つを追求しました。」と述べる。

具体的にどのような開発をしたのであろうか。今回CX-5では、新採用のチェックバルブと呼ばれるダンパー内のパーツを改良することにより、振動の入力レベルを抑えつつ振動を素早く減衰させることができたという。

これに関し同氏は「マンホールなどの鋭利な突起を乗り越えた際には、人が不快と感じる振動を削ぎ落とし、必要な情報だけを伝える上質な乗り心地を実現させ、うねった路面では、サスペンションが深呼吸するような穏やかな乗り心地を実現させました」と述べた。
《橋本 隆志》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集