【東京モーターショー13】ソニックデザイン、Eクラス サウンドスウィート搭載の E63AMG などを展示

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

ソニックデザイン ブース(2011年)
  • ソニックデザイン ブース(2011年)
  • Eクラス サウンドスウィート
ソニックデザインは、11月20日から東京ビッグサイトで開催される「第43回東京モーターショー2013」へPRブースを出展する。

ソニックデザインブースでは、ソニックデザイン製品のコンセプトを形にした「The Suite Lounge」(ザ スウィート ラウンジ)を引き続き採用。商品展示をさらに充実させるとともに、メルセデスとの共同企画による純正オプショナルサウンドシステム「Eクラス サウンドスウィート」(新型)を搭載した『E63AMG』をブースの内部空間に飾り、特徴的な黒の格子越しにシルエットを見ることができるデザインとした。

またショーケースには、プレミアムラインとしては久々のニューモデルとなるスーパーバスモジュール「B80N」「B80R」、車種別スピーカーパッケージ「ソニックプラス」に新たに加わった「ソニックプラス THE CREST プリウス専用モデル」、アウディ車専用モデルなどを展示。

そのほか、プレミアムライン カースピーカーやデジコア808i、SonicPLUSのメルセデス・ベンツ/トヨタ/BMW車向けモデル、スバル純正アクセサリーとして採用されるBRZ用4スピーカーセットなど、主要製品を展示する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集