【日産 スカイライン 新型発表】インテリアは退屈さや無味乾燥さを感じさせないデザインへ

自動車 ニューモデル 新型車

日産・スカイライン
  • 日産・スカイライン
  • 日産・スカイライン
  • 日産・スカイライン
  • 日産・スカイライン
  • 日産・スカイライン
  • 日産・スカイライン
新型日産『スカイライン』のセンタークラスターには、ツインディスプレイが採用された。

インテリアデザインについて、「ドライバーオリエンテッドな空間と、助手席の囲まれ感と快適性を表現した」と話すのは、日産自動車グローバルデザイン本部プロダクトデザイン部デザイン・ダイレクターの長谷川浩さん。

そのインテリアのセンタークラスターには、ツインディスプレイが採用された。「ディスプレイはフラットなので、そこをいかに無機質ではなく、魅力的に見せるデザインにするかに気を配った」と述べる。

具体的にはナビ画面左側から下方向へ流れていくラインを、シフトレバーあたりから運転席側へ方向を変えるようにした。「左右でデザイン要素を変え、センタークラスターのフラットさや左右対称感を少し崩すことで、退屈さや無味乾燥な感じをなくしたのだ」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集