【新聞ウォッチ】RJCカーオブザイヤー、マツダの アテンザ が受賞

モータースポーツ/エンタメ 出版物

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2013年11月13日付

●企業「賃上げする」25%,全国2万社アンケート (読売・2面)

●EV充電器支援策発表、車4社(読売・8面)

●車安全基準53項目、日本主導国連フォーラムで提案へ(読売・9面)

●「今年の車」にアテンザ (朝日・9面)

●自動ブレーキ試乗会自粛、マツダ事故、原因を調査(朝日・37面)

●原発「即ゼロに」小泉氏、首相に決断促す(東京・1面)

●低燃費志向が加速、東京モーターショー(東京・7面)

●ヤナセへ出資39.4%に、伊藤忠、株13.7%を追加取得(日経・11面)

●いすゞ、下期に警戒感、4~9月営業益最高、通期は据え置き(日経・15面)

ひとくちコメント

今年もあと1カ月半。そろそろ1年を総括するニュースが流れてくる。こうした中、自動車業界では、その年の最も優れた車を選ぶ選考会が相次ぐが、日本自動車研究者・ジャーナリスト会議(RJC)は、今年のカーオブザイヤーにマツダの「アテンザ」を選んだという。

きょうの朝日と日経が報じている。輸入車部門はボルボ「V40」が受賞。新型アテンザは、昨年11月20日の発売だったが、RJCでは昨年11月から今年10月までの1年間に発売された車を対象に、自動車評論家らの投票で選出するため、アテンザも対象となったようだ。

別の団体が選ぶ「日本カー・オブ・ザ・イヤー」は、東京モーターショーの一般公開日初日の11月23日に発表される予定という。
《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集