【スマートモビリティシティ 13】ホンダなど3社、住まいと家電とクルマがつながる未来

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダと積水ハウス、東芝の3社は、東京モーターショー2013の会場内で11月22日から12月1日まで開催される「スマートモビリティシティ 2013」に、合同で出展する。

今回の合同出展では、「もっとスマートに、もっと自由に。」をテーマに、住まいと家電とクルマが深くつながることで、人々がより安全に、より便利に、そしてもっと楽しくなる未来の暮らしを提案する。

ホンダは、コミュニティーにおける新たなモビリティの提案として、近距離移動用の超小型EV『MC-β』を展示するほか、屋内での自由な移動を実現する『UNI-CUB』や『体重支持型歩行アシスト』、燃料電池電気自動車『FCXクラリティ』を出展する。

積水ハウスは、心地よさを追求した空間「スローリビング」や乗り物とつながる楽しい暮らし「モビリティライフ」を展示するとともに、住宅メーカーがハブとなり、ホンダ、東芝の最新技術を暮らしの中にどうつなげていくのかを紹介する。

東芝は、電池の活用による再生可能エネルギーの安定供給やEVの充電管理など、コミュニティーにおける住宅とモビリティのつながりをスマートコミュニティーのジオラマで紹介する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集