【ホンダ オデッセイ 新型発表】アブソルートは家族皆がハッピーになれるクルマ

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ・オデッセイアブソルート
  • ホンダ・オデッセイアブソルート
  • ホンダ・オデッセイアブソルート
  • ホンダ・オデッセイアブソルート
  • ホンダ・オデッセイアブソルート
  • ホンダ・オデッセイアブソルート
  • ホンダ・オデッセイアブソルート
フルモデルチェンジした5代目『オデッセイ』には、標準モデルとスポーティモデルの「アブソルート」と大きく2種類のバリエーションがある。

オデッセイとオデッセイアブソルートのエクステリアデザインの違いについて、本田技術研究所四輪R&Dセンターデザイン室1スタジオの村上渉さんは、「一番印象に残るのはフロント周りなのでバンパーやグリルを変更した」と述べる。

さらに、新型オデッセイの開発コンセプトである低重心化を受け、デザインでも低重心を表現。特にアブソルートは全高を10mm下げていることから、さらに低く見せるためドア下のガーニッシュを変更。「クロームのモールを一番下に配置したので、ノーマルよりさらに目線が下に向き、よりクルマの重心が下にあるように見せている」という。

アブソルート用に変更されたドア下のガーニッシュは、「ノーマルグレードより空力の数値が良くなっているので、実際に空力に寄与するエアロバーツになっている」と村上さん。「(スポーティにするために)専用の大型リアスポイラーを追加する場合が多いが、今回は専用のリアスポイラーを付けなくても、空力性能が向上した」と話す。

さらにアブソルートのエンジンは標準車とは別の、直噴4気筒エンジンが搭載され、空力性能も向上したことから、標準車より燃費が良くなった。しかもレギュラーガソリンなので村上さんは、「奥様への説得がしやすいだろう。これまでのアブソルートは、ご主人好みのスポーティで、デザインが格好良いというものだったが、新型は燃費も良くレギュラーガソリンなので、ご主人だけでなく家族皆がハッピーになれるクルマになった」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集