【SEMAショー13】マツダ アテンザ 新型に「セラミック 6」…上質なカスタマイズ

自動車 ニューモデル モーターショー

新型マツダ6(アテンザ)のセラミック 6 コンセプト
  • 新型マツダ6(アテンザ)のセラミック 6 コンセプト
  • 新型マツダ6(アテンザ)のセラミック 6 コンセプト
  • 新型マツダ6(アテンザ)のセラミック 6 コンセプト
  • 新型マツダ6(アテンザ)のセラミック 6 コンセプト
  • 新型マツダ6(アテンザ)のセラミック 6 コンセプト
  • 新型マツダ6(アテンザ)のセラミック 6 コンセプト
  • 新型マツダ6(アテンザ)のセラミック 6 コンセプト
マツダの米国法人、北米マツダは11月5日(日本時間11月6日未明)、米国ラスベガスで開幕したSEMAショー13において、新型『マツダ6』(日本名:『アテンザ』)の「セラミック 6 コンセプト」を初公開した。

同車は、新型アテンザをベースに、上質なカスタマイズを提案したコンセプトカー。カスタマイズのテーマは、「レーシングパターン」。

外観は、セラミックホワイトのボディカラーを基本に、トープシルバーのアクセントストライプを追加。このストライプは、ボディ全体に添えられており、控えめながら存在感をさりげなく主張する。

足元には、レイズ製の「Volk Racing」アルミホイールを装着。20インチの10本スポークデザインで、ストライプと同じトープシルバーで塗装。ホイールの隙間からは、ブレンボ製の6ピストンキャリパーと、380mm径の穴開きローターが顔を出す。

サスペンションは、H&Rスプリングキットで強化。エンジンには、レーシングビート製のデュアルエグゾーストが奢られる。

インテリアは、シートやドアトリムに、専用パターンのホワイトレザーを使用した上質な空間。ステアリングホイールやアームレスト、センターコンソールなどは、ブラックレザーで仕上げて、コントラストを表現している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集