ヤマハ発動機、スポーツボートのフラッグシップモデル「242リミテッドS」を発表

船舶 企業動向

ヤマハ発動機は、スポーツボートのフラッグシップモデルとなる「242リミテッドS」、ミドルサイズのスポーツボート「AR210」を12月1日から発売すると発表した。

スポーツボートのニューモデルは、パワフルな加速と高いスピード性能、軽快なハンドリングに加え、多彩なマリンレジャーに対応する機能性が特徴。

「242リミテッドS」は、上質な居住空間を提供するラウンジシート、独特の形状を持つウェイクゲートなどを標準搭載した、ハイエンドモデルとして投入する。総排気量1812ccのNA(自然吸気)ハイアウトプットエンジン(180馬力)を2基搭載し、圧倒的なスピード性能、加速性能を発揮する。

バウ(船首部)からスターン(船体後部)にわたってラグジュアリーな空間を確保しており、カーペットやシート、ステアリングなどの質感にこだわり、フラッグシップとして広い居住性を確保している。ホールド感のあるドライバーズシートは状況に応じて高さを調整でき、高い視線からの操船も可能。

「AR210」は、総排気量1052ccエンジンを2基搭載し、スムーズで俊敏な走行性能を発揮する。コックピットには3連式のメーター、スポーティなデザインのステアリングハンドルを採用し、操船に必要な機能をコンパクトにまとめた。

バウシートは対面式にレイアウトしており、オーディオスピーカーやカップホルダーを備え付けるなど、コミュニケーションスペースとしての機能充実を図った。

ニューモデルの投入により、2014年のヤマハスポーツボートは計6モデルとなり、用途・目的に応じた選択肢を広げる。

242リミテッドSの販売計画は年間5隻で価格が890万9576円、AR210の販売計画が年間10隻で価格が689万4626円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集