JR東日本、中央線でICカードの都市型レンタサイクル開始…連立事業の高架下スペース活用

鉄道 企業動向

JR東日本グループのジェイアール東日本企画は、中央線でサイクルシェアシステム「Suicle(スイクル)」のサービスを11月3日から始めた。Suica(スイカ)などの交通系ICカードを会員証として自転車を貸し出す。

連続立体交差事業で高架化された中央線の高架下スペースなどを活用し、武蔵境駅と東小金井駅に隣接する高架下、東京農工大学科学博物館前に自転車の貸し借りができる設備(ポート)を設置した。自転車は借りたポート以外のポートでも返却できる。

Suicleの利用に際しては、利用者が所有するSuicaやモバイルSuica、PASMO(パスモ)を会員証とし、Suicleのウェブサイトか東小金井駅ポート窓口で登録する必要がある。料金は定期利用が1カ月2500円で、1回あたりの貸出時間は最大120時間。一時利用は最初の30分間が100円、以降1時間ごとに100円が加算される。ビジター利用は1日500円になる。支払いはSuicaなどのほか現金、クレジットカードも使用できる。

ICカードを会員証として活用している都市型レンタサイクルは、高松琴平電気鉄道(ことでん)のICカード「Iruca(イルカ)」を使った高松市のレンタサイクル事業などがある。ジェイアール東日本企画によると、都市型レンタサイクルの大半は登録時にクレジットカードが必要だが、SuicleはSuicaが会員証機能と決済機能を兼ねていることから気軽に利用できるとしている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集