【ITS世界会議13】タイ版G-BOOKの地図はトムトムが提供

自動車 テクノロジー ITS
トムトムのブース:ディスプレイには世界中の渋滞情報も表示される
  • トムトムのブース:ディスプレイには世界中の渋滞情報も表示される
  • アジア版「いつもNavi」(It's Nav)の地図データを提供
  • タイのG-BOOKもトムトムの地図を使っている
  • こちらは3D表示対応の新機種
  • トムトムのPND
ITS世界会議のショーケース(展示会)で英語のパネルが目立つ。それだけグローバルで定着したカンファレンスということだろう。そのため、日本市場ではあまりなじみのない企業も積極的に出展しているようだ。

そのひとつ、トムトムはグローバル展開をするPNDメーカーだ。日本では代理店がありコンシューマ向けに製品を展開しているガーミンが有名だが、ヨーロッパではトムトムのPNDやカーナビはかなりポピュラーだ。以前、スペインでタクシー運転手に「いちばん売れてるカーナビはなんだ」と聞いたところ、「トムトムだ」と即答だったくらいである。

ブースでは新発売となるPNDの展示なども行っていたが、ターゲットは自動車メーカー、グローバル企業やさまざまな国の企業とのことで、地図データやプローブカーによる渋滞情報のデータ販売などが主な商談内容だという。同社のPNDやポータブルカーナビは世界中に展開されているため、世界中の渋滞情報がリアルタイムで把握できる。

ブース担当者に日本での製品展開は考えていないか聞いてみたところ、「端末製品は日本市場では難しいと考えていますが、たとえばタイのG-BOOKの地図は弊社のデータですし、アジアむけの「いつもNavi」にも地図データの提供を行っています。」という答えだった。

また、あまり知られていないかもしれないが、同社は地図情報とともに、EUを中心に40か国の速度違反監視カメラの情報も収集していて、そのデータの提供も行っている。日本では、ユピテルが国内の情報を収集して自社製品などに活用している。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

  • 【ITS世界会議13】乗車人数を自動認識するNECの技術…応用はHOT/HOVレーンだけでない 画像 【ITS世界会議13】乗車人数を自動認識するNECの技術…応用はHOT/HOVレーンだけでない
  • 【ITS世界会議13】HUAWEIとITSの関係…500km/hでの移動体通信が可能なLTE技術 画像 【ITS世界会議13】HUAWEIとITSの関係…500km/hでの移動体通信が可能なLTE技術
  • 【ITS世界会議13】移動情報のデータセントリックがもたらすビジネスの可能性 画像 【ITS世界会議13】移動情報のデータセントリックがもたらすビジネスの可能性
  • 【ITS世界会議13】パイオニア 音や振動を使ったHUD運転支援システムを提案 画像 【ITS世界会議13】パイオニア 音や振動を使ったHUD運転支援システムを提案

特集

おすすめのニュース