メルセデス Sクラス 新型にマジックボディコントロール…究極の乗り心地をニワトリで表現[動画]

自動車 ニューモデル 新型車

新型メルセデスベンツ SクラスのマジックボディコントロールのCM映像
  • 新型メルセデスベンツ SクラスのマジックボディコントロールのCM映像
メルセデスベンツが、新型『Sクラス』に採用した革新的技術、「マジックボディコントロール」。そのユニークなCMがネット上で公開され、再生回数が230万回を超えている。

マジックボディコントロールは、フロントガラス上部の内側に装着されたステレオマルチパーパスカメラで、最大15m前方の路面の凹凸を検知。そして、四輪それぞれの油圧ユニットに供給されるオイル量を正確にコントロールし、最適な減衰を可能にする連続可変ダンピングシステムとともに、完璧に近い乗り心地を実現する先進のシステム。

発進、コーナリング、ブレーキング時などにロールやピッチングを効果的に抑制。さまざまな状況で平坦な道を走っているかのようにフラットな姿勢を保持する。メルセデスベンツによると、オフィスや書斎にいる時と同様、車内で文字を書くことができるほどの異次元とも呼べる革新的な快適性を実現しているという。

なお、日本仕様では、「S 63 AMG ロング」に標準装備。「S 550 ロング」にオプションで用意している。

メルセデスベンツは9月23日、公式サイトを通じて、マジックボディコントロールのCMを配信。ニワトリを使って、マジックボディコントロールの揺れがほとんどない特徴を表現している。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集