ランボルギーニ、ガヤルド 後継車…ニュルで開発テストを捕捉

モータースポーツ/エンタメ 出版物

ランボルギーニ ガヤルド LP 570-4 スクアドラ コルセ
  • ランボルギーニ ガヤルド LP 570-4 スクアドラ コルセ
  • ガヤルド後継車の独ニュルブルクリンク開発テストの画像を掲載した米『モータートレンド』
イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニが、間もなく生産を終了する『ガヤルド』。その後継車の開発テスト車両が、海外の自動車メディアによって捉えられた。

これは9月24日、米国の有力自動車メディア、『モータートレンド』が報じたもの。同メディアの契約カメラマンが、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースで開発テストを行うガヤルド後継車の撮影に成功。その写真を、読者に公開している。

このガヤルド後継車、現行の5.2リットルV型10気筒ガソリンエンジンを、さらにパワーアップして搭載するもよう。最大出力は600psの大台に乗ると見られる。

また、デザインは、ランボルギーニの最新作『アヴェンタドール』の影響を受けたものとなりそう。カーボンファイバーなどの素材により、いっそうの軽量化が図られる可能性も高い。

このガヤルド後継車のネーミングだが、同メディアは、「『カブレラ』」とレポート。さらに、「2014年初頭にデビューするだろう」と伝えている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集