カレコ、カーシェアリング車両に日産 エクストレイル を導入

自動車 ビジネス 企業動向

日産・エクストレイル
  • 日産・エクストレイル
カーシェアリング・ジャパン(CSJ)は、カーシェアリング大手では初となるSUV、日産『エクストレイル』をカーシェアリングサービス「カレコ・カーシェアリングクラブ」に導入すると発表した。

エクストレイルは、学芸大学:鷹番1丁目第1ステーション(東京都目黒区)に9月26日、森下・菊川:菊川駅前第2ステーション(東京都江東区)に10月7日よりそれぞれ導入する。これにより、カレコで利用できる車種数はカーシェア主要会社ではトップクラスの24車種となる。

2012年11月にカレコ会員を対象に行ったアンケートでは、カーシェアリングの利用目的の第1位(46.8%)にレジャー・ドライブが挙げられており、またシェアしてみたいクルマのタイプでSUVが全体のほぼ半分の47.6%を占め1位の人気となっていた。

CSJでは、業界でも珍しいSUVをカーシェアリングサービスに導入することで、利用シーンに応じてクルマを選べる楽しさを提供していきたいとしている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集