日産と横浜市、超小型EV 100台によるワンウェイ型大規模カーシェアリングを実施

エコカー EV

日産・ニューモビリティコンセプトを活用した、ワンウェイ型大規模カーシェアリング「チョイモビ ヨコハマ」
  • 日産・ニューモビリティコンセプトを活用した、ワンウェイ型大規模カーシェアリング「チョイモビ ヨコハマ」
日産自動車と横浜市は、10月11日より、同社の超小型電気自動車(EV)『ニューモビリティコンセプト』を活用した、ワンウェイ型大規模カーシェアリング「チョイモビ ヨコハマ」を実施。9月25日より、専用サイトで利用希望者の会員登録の受付を開始した。

チョイモビ ヨコハマは、日産自動車と横浜市が協働で進める「ヨコハマモビリティ"プロジェクトZERO“(YMPZ)」の一環として、両者が中心となり、「低炭素交通の推進」、「都市生活・移動のクオリティアップ」、「観光の振興」を目的に、約1年間の期間限定で実施するもの。

国土交通省の「超小型モビリティ導入促進」事業の支援を受け実施する今回の取り組みは、開始時に30台、期間内には約100台のニューモビリティコンセプトを使用。横浜市都心エリアに設置する約45か所のカーステーションで自由に借用し返却できる、ワンウェイ型の新しいカーシェアリングとなる。なお、100台規模の超小型EVのカーシェアリングは、日本初の取り組みとなる。

チョイモビ ヨコハマの会員登録や利用予約システムは、日立製作所が開発。また、貸渡返却拠点となるカーステーションには、三井不動産リアルティの「三井のリパーク」をはじめとする企業、観光/公共施設が駐車場を提供する。

利用するには、専用サイトから会員申請を行い、会員登録完了後、約60分の安全運転講習を受講する。入会金・月額基本料金は無料で、利用料金は1分20円。

サービス開始後も、地域の公共交通機関や商店街、マンションの管理組合、地元企業など、幅広い関係者に様々なかたちでの参画を働きかけ、超小型モビリティの有用性、事業化の可能性の検証を行っていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集